情報漏えいとは

情報漏えいとは、関係者以外に知られてはいけない機密情報、個人情報、企業情報を関係者以外に教えること。

近年は、情報通信技術(IT)の発達によって、コンピュータのデータがインターネットなどを介して大量に情報漏えいするリスクが高くなっている。

また、悪意を持たない社員や問題意識の薄い社員などがミスにより情報漏えいを起こしたり、あるいは、故意に情報を転売することもある。

情報漏えい対策では、技術的な対策だけでなく、情報漏えいに関する知識の普及や教育が欠かせない。

情報漏えい対策:自動削除 時限くん

データの暗号化とデータ利用時の機能制限を行い、利用時間や利用回数によるデータの自動削除を行う「時限くん」のページ。

キャンペーン実施時の個人情報管理など広告代理店や業務委託先に個人情報を提供する際などに活躍する。

データのフォーマットを問わず、オフライン環境下での復号化、自動削除が可能、全てのファイルに対する複製禁止、画面イメージ禁止等が可能です。

http://www.system-exe.com/jigen/jigen.html

情報漏えい対策ソフトほかのサンカーラ株式会社

コピープロテクト、コピーガード、情報漏えい対策やデータプロテクト、アプリケーションプログラムの不正コピー対策、動画や画像、テキストやPDFファイルなどのコンテンツファイルの不正コピー対策、ExcelやWord, PowerPointなどのオフィス系ファイルの不正コピー対策など、20年以上の実績と信頼性で貴社のセキュリティをしっかりサポートするサンカーラ株式会社のサイト。

アプリケーションプログラムを強力に暗号化し、不正コピーを防止する高機能コピープロテクトツール「ワイブキー (WIBU-KEY)」やAcrobat PDFファイルを強力に暗号化するPDF専用プロテクト「スマートシェルタPDF (SmartShelterPDF)」、外部記憶デバイスにコピーされたファイルは自動的に暗号化され、データの情報漏えいを防ぐ「テトラガード (tetraguard)」などの製品があります。

http://www.suncarla.co.jp/

情報漏えい対策:ファイナル データセキュリテイ ファイナル暗号化

パソコン内の機密データを暗号化することでパソコンの盗難、紛失、不正アクセスによる情報漏洩を防止するソフトウェア『ファイナル データセキュリテイ ファイナル暗号化』のページ。

ドラッグ&ドロップでファイルを暗号化。AOS独自の選択抹消で元データも完全消去することができます。政府推奨の暗号化方式「AES」や様々なソフトウェアで利用実績のある「ブローフィッシュ」を用途に応じて選択して使用することができます。

http://www.finaldata.jp/product/ango_1.html

情報漏えい対策:影郎/セキュアポケットPC

イーズ・コミュニケーションズの情報漏洩対策ツール「影郎/セキュアポケットPC」のページ。

影郎/セキュアポケットPCは、流出したデータを正常に読み取れない状態にすることで情報流出を防ぐ。データを登録すると、パスワード、暗号化、分割の3段構えで情報が保護され、winnyなどのソフトで情報流出があった場合でも復元することが難しい。

価格は1ライセンス9800円。

http://www.i-ze.com/main/kagero.html